人狼の戦略-噛み-

村人陣営にとっての武器は正直な言葉です。

議論時間に正直な言葉を発している人を見つけ、嘘を見破るための推理をして人狼を処刑することが、村人が勝利するための近道となります。

 

一方で人狼にとっての専用かつ最大の武器として「噛み(襲撃)」が存在します。

夜時間に誰か一人襲撃することで、村人陣営を減らしていき、陣営の勝利へと近づけます。

村人陣営は、処刑でしか人狼を倒すことが出来ませんが、人狼は噛みと処刑を上手く使うことで戦います。

 

さて、人狼ゲームにおいてこの噛みという武器は、人狼のカードを引いた人によって個性が出ます。

長く同じ人と遊んでいると「この噛みは○○さんだな」という推理に至ることもあるものです。

この個性が出るという前提で、ここではオーソドックスな噛みの戦略をご紹介します。

噛みの優先順位

噛みの優先順位が高いのは役職者です。

 

・本物確定の霊媒師が「黒」と出せば、黒と言われた人物に投票していない者を議論で話し合えば足がつくから、早めに噛む。

 

・本物確定の占い師が「黒」と出せば、その人は村人目線確実に人狼になってしまうから、早めに噛む。

 

・騎士が本物の役職者を守れば、村に有益な情報が多く残るから、早めに噛む。

 

どの役職も人狼にとって脅威となるため、人狼の最大の武器を使って対抗しなければいけません。

ただし、レギュレーションによって、噛みの優先順位が変わります。

連続護衛ありの場合

連続護衛がありのレギュレーションでは騎士が非常に重要となります。

占い師の本物が確定した場合でも、騎士が生存している限り襲撃できないので

詰み状態になりやすくなります。

ですので、噛みの優先順位は

騎士>占い師>霊媒師>占い師の白>グレー

となります。


連続護衛なしの場合

連続護衛がない場合は、騎士の護衛が成功しても

2回連続で噛めば、必ず襲撃できるので、騎士の優先度が若干下がります。

占い師>騎士≧霊媒師→占い師の白>グレー

この順序で考えておけば、ラストウルフの生存率が上がります。


推理が合っている人間を噛む

さて、噛みは役職者が優先と言いましたが、これは一般的に中盤以降です。

ここから先は最序盤と終盤のお話です。

人狼は最後まで処刑されなければ勝ちです。

処刑の際に最多得票にならなければよいのです。

 

例えばあなたが人狼カードを引きました。

本物の占い師は自分や仲間を疑っていませんが、推理で村人2名が自分や仲間の人狼達を疑ってきています。

このままの状態で本物の占い師が翌日以降、「黒結果」を出した場合、人狼に投票がきっと集まるでしょう。

※なんで占ったんだという話は無しで。

また、推理で疑ってきていた村人たちは、周りの村人からより人間ぽく見られ、消去法的に仲間の人狼もピンチになる可能性があります。

 

こういったケースに陥らないために、推理が合っている村人は襲撃できるときに襲撃するのが吉です。

 

「噛み」は人狼のみが出来る、議論を有利に進めるための武器です。

中盤以降はどうしても役職を優先的に噛むことが多くなりますので、序盤のうちに人狼に投票してきそうな人をあらかじめ噛んでおくと良いでしょう。