対面人狼をしてる人は怖い?

人狼ゲームをあまり知らない友人に、「趣味で対面人狼をしてるよ」と話すと、「なんだか怖そう」というイメージを持たれることが多々あります。


嘘をつかれて騙され悔しくて泣いてしまったり、信じてもらうために思わず強い口調になったり。

対面での人狼ゲームにおいては、よくあることかもしれません。


ネット上の人狼ゲームでも、「なんで私の言ってることわかんないの?」というようなチャットログが流れ、一触即発状態な村を見かけることがあります。


人狼ゲームが広まり様々なプレイヤーが遊んでいるため、中には怖い人や自分とは性格が合わない人がいるかもしれません。


では対面人狼は本当に怖いのか。


実際はそうでもありません。

私の経験と感覚では、ネットの方が暴言をよく見かけます。


対面だと、初対面の人を相手にあまり暴言を吐く人はそう多くないはずです。

仮にそういった人が参加していたとしても、GMが止めてくれます。

特に人狼を遊べる店舗に行けば、きちんとしたGMスタッフがいるので、比較的安心して対面人狼を遊ぶことができます。


そして人狼ゲームはコミュニケーションゲームです。

人狼を一緒に引いた仲間や、信じあった村人同士で、ゲームが終了した後には「あそこはこうすべきだったね」といった会話で盛り上がります。

その頃にはきっと最初に持っていた怖さのイメージはなくなっているかもしれません。


むしろ一度対面人狼を経験すれば、人の輪が広がる可能性が高いと私は思いますよ。